APPLICATION テラヘルツ時間領域分光法

テラヘルツ時間領域分光は、テラヘルツ波の波形を直接測定することによって得られる電磁波の電場の時間波形をフーリエ変換し、電磁波のスペクトルを得る分光法です。

光源としては、励起光であるフェムト秒レーザーを非線形光学結晶や光伝導スイッチに照射することによって発生するテラヘルツ波を用いることが多いです。

全4件製品があります

1GHz/10GHz 超高繰返しフェムト秒レーザー

taccorシリーズ

740~930nm
最大1.8W
ラインナップを見る(5)
モデル名 平均出力繰返し周波数パルス幅
Taccor one taccor one 4 >700mW
taccor one 6 >900mW
taccor one 8 >1200mW
taccor one 10 >1600mW
1GHz<60fs
Taccor power taccor power 4 >800mW
taccor power 6 >1000mW
taccor power 8 >1400mW
taccor power 10 >1800mW
1GHz<30fs
Taccor ultra taccor ultra 8 >1200mW
taccor ultra 10 >1600mW
1GHz<20fs
Taccor tune taccor tune 8 >1500mW
taccor tune 10 >1800mW
1GHz<80fs
Taccor x10 >1000mW 10GHz<50fs

レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

03-3351-0717
laser@rayture-sys.co.jp