APPLICATION テラヘルツ時間領域分光法

テラヘルツ波は光と電波の中間領域(波長では30μm~3mm、周波数では0.1~10THz帯域)に位置し、光と電波の両方の性質を持った電磁波です。
テラヘルツ波は周波数が高すぎるため電気的に発生させることが出来ず、レーザーを用いて光学的にテラヘルツを発生・検出が困難でしたが、近年、フェムト秒パルスレーザーと光アンテナを用いることでテラヘルツ波を発生・検出できる技術が開発されました。

この技術を「テラヘルツ時間領域分光」と呼び、科学、セキュリティー分野、産業分野での非破壊検査や医療分野での品質・特性評価など様々な市場において活躍が期待される技術です。
テラヘルツ時間領域分光は、テラヘルツ波の波形を直接測定することによって得られる電磁波の電場の時間波形をフーリエ変換し、電磁波のスペクトルを得る分光法です。

Laser Quantum社は従来のテラヘルツ時間領域分光法に適したgeccoレーザーシステムをランナップしています。なお、従来のテラヘルツ時間領域装置では光学遅延に可動ステージを用いていますが、Laser Quantum社では2台のフェムト秒レーザーを用いたASOPS(ASynchronous OPtical Sampling、非同期光サンプリング)システムも製造しており、可動ステージを必要とせず、1スキャン/100μ秒という高速測定を可能としています。

Laser Quantum社製問わず、既にフェムト秒レーザーをお持ちのお客様がお使い頂ける大面積テラヘルツエミッターTera-SEDもございます。大面積の為、増幅された高出力レーザー光にも対応可能です。

 

Laser Quantum社ではフェムト秒レーザーや大面積テラヘルツエミッターの他に、超短パルスレーザー用光学系やこれら全てを組み合わせたテラヘルツ分光器をラインナップしています。

全4件製品があります
             

1GHz/10GHz 超高繰返しフェムト秒レーザー

taccorシリーズ

740~930nm
最大1.8W
ラインナップを見る(5)
モデル名 平均出力繰返し周波数パルス幅
Taccor one taccor one 4 >700mW
taccor one 6 >900mW
taccor one 8 >1200mW
taccor one 10 >1600mW
1GHz<60fs
Taccor power taccor power 4 >800mW
taccor power 6 >1000mW
taccor power 8 >1400mW
taccor power 10 >1800mW
1GHz<30fs
Taccor ultra taccor ultra 8 >1200mW
taccor ultra 10 >1600mW
1GHz<20fs
Taccor tune taccor tune 8 >1500mW
taccor tune 10 >1800mW
1GHz<80fs
Taccor x10 >1000mW 10GHz<50fs

アプリケーションから探す

加工

理化学

検査

評価(分析)

計測

レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

03-3351-0717
laser@rayture-sys.co.jp