APPLICATION 衛星レーザ測距 (SLR)

衛星レーザ測距 (SLR:Satellite Laser Ranging)は、短パルス幅のパルスレーザーを用いて地球上の観測点と衛星に搭載されているレトロリフレクタの間を往復する時間を計測して正確な距離を計測する測距技術です。

Photonics Industries社のレーザーシステムは、M2<1.3の高いビーム品質、パルス幅が<50ps、高いパルスエネルギー(最大2.5mJ)、またkHzオーダーの繰返し周波数を可能とする最適なレーザーシステムの為、1~2mmという高い計測精度を実現する新世代SLRとしてNASAをはじめ、様々なお客様にご使用頂いています。

全1件製品があります

アプリケーションから探す

加工

理化学

検査

評価(分析)

計測

レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

03-3351-0717
laser@rayture-sys.co.jp