APPLICATION ラマン分光

ラマン分光とは、レーザー光を物質に照射して、発生したラマン散乱光を分光器、もしくは干渉計で検出することでラマンスペクトルを得て、物質の分子構造や結晶構造などを知ることができる手法です。

光が物質に入射して分子と衝突すると、その一部には散乱と呼ばれる現象が起きます。この散乱光の波長を調べると、大部分の成分は入射光と同じ波長(レイリー散乱光)ですが、極わずかな成分には、入射光と異なった波長の光(ラマン散乱光)が含まれています。

チャンドラセカール・ラマン(1888-1970、インド)は、この入射光と異なった波長をもつ光の振動数が、分子の固有振動数になっていることを発見し、「ラマン効果」と名付け、1930年にノーベル物理学賞を受賞しました。この研究によって、様々な物質についての研究調査ができるようになりました。

ラマン分光時のグラフ

ラマン分光の用途

  • 物質の同定、判別
  • 物質または成分の分布の調査(医薬品錠剤など)
  • 粒子のサイズの調査
  • 物質または化学種の相対量の調査

◎測定可能なもの

無機化合物、有機物、固体、液体、気体、粉末、液中、フィルム、ガラス越しなど
私たちの身の回りにあるほとんどのものを、特別な前処理なしで測定できます。

ラマン分光の特徴

赤外吸収分光装置とはよく似ているのですが、赤外吸収は、透過光のうち分子振動により吸収された振動数の光を調べることで、分子振動数すなわち分子と振動の種類を把握します。一方、ラマン散乱は入射光と散乱光の振動数の差から分子の情報を得ます。

ラマン分光ではガラス越しや水溶液中での観察や、微小領域の分析が可能という利点があります。

ラマン分光におすすめのレーザー

弊社の取り扱うLaser Quantum(レーザーカンタム)社のレーザーシステムは、このラマン分光用途において世界中で数多くの納入実績があります 。

全5件製品があります
             

1MHz 波長ロック機能を持つ唯一のSLMレーザー

torusシリーズ

660nm532nm
単一周波数
ラインナップを見る(2)
モデル名 平均出力ビーム径モード出力安定性
torus 532 50mW、250mW、500mW、750mW1.7mm±0.2mmTEM00 - M2<1.1
torus 660 50mW、100mW、150mW、200mW1.7mm±0.2mmTEM00 - M2<1.1
             

装置組込みに最適なコンパクトCWレーザー

gemシリーズ

671nm660nm640nm561nm532nm473nm
最大1W
ラインナップを見る(6)
モデル名 平均出力線幅出力安定性光ノイズ
gem 473 50mW、100mW、250mW、500mW40GHz
gem 532 50mW、100mW、250mW、500mW、750mW、1W、2W30GHz
gem 561 50mW、100mW、250mW、500mW、1W40GHz
gem 640 50mW、100mW、250mW、500mW40GHz
gem 660 50mW、100mW、250mW、500mW、750mW、1W30GHz
gem 671 50mW、100mW、250mW、500mW、750mW30GHz
             

高機能、高汎用性 コンパクトCWレーザー

ventusシリーズ

671nm660nm561nm532nm473nm
最大1.5W
ラインナップを見る(6)
モデル名 平均出力線幅出力安定性光ノイズ
ventus 473 50mW、100mW、250mW、350 mW40GHz
ventus 532 50mW、100mW、250mW、500mW、750mW、1W、1.5W30GHz
ventus solo 532 50mW、100mW、250mW、500mW、750mW10GHz
ventus 561 50mW、100mW、250mW、300mW、500mW、750mW40GHz
ventus 660 50mW、100mW、250mW、500mW、750 mW30GHz
ventus 671 50mW、100mW、250mW、500mW30GHz≦0.6% rms

アプリケーションから探す

加工

理化学

検査

評価(分析)

計測

レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

03-3351-0717
laser@rayture-sys.co.jp