APPLICATION ブリルアン散乱

ブリルアン散乱(ブリリュアン散乱、ブリュアン散乱)とは、光の振動数が物質中でわずかにずれることによって、光が散乱される現象です。レーザーのような単色性の高い光を、透明な物質中に入射すると、物質中の音波(音響フォノン)の振動数によって、入射光の振動数が周波数変調を受け、光の振動数のずれが起こります。 入射光の強度が小さい状態では、散乱光は微弱ですし、方向も様々です。しかし、入射光の強度が増加してある値を越えると、散乱光の強度が急激に増加して入射光のそれと同程度になる上に、その向きは入射とは反対方向になります。このため、入射光はほとんど反射されて物質中に入らなくなるのです。この現象を「誘導ブリルアン散乱」と呼びます。

音波と共に使用すると、ブリルアン散乱によって、小さな粒子、薄膜、またはバルク材料の表面特性である伸縮性ある動きなどを測定できます。ブリルアン散乱は、アニーリング、残留応力、粘度などの重要な特性を測定することができます。

使用されるレーザーは、干渉効果の結果がレーザー効果ではなくかすかなブリルアン散乱の結果であることを確実にするために、狭い線幅、長いコヒーレンス長を有し、継続して安定した波長を示さなければなりません。

Laser Quantum社のTorusレーザーシステムは、モードホップを排除し、波長ドリフトを<2pmに低減するためのアクティブ波長ロッキングメカニズムを備えた市場で唯一の単一縦モード(SLM)レーザーシステムです。これら機能・性能によりTorusレーザーシステムはブリルアン散乱用途に用途に最適なレーザーシステムとしてお使い頂けます。

全1件製品があります
             

1MHz 波長ロック機能を持つ唯一のSLMレーザー

torusシリーズ

660nm532nm
単一周波数
ラインナップを見る(2)
モデル名 平均出力ビーム径モードビーム拡がり角出力安定性偏光比
torus 532 50mW、250mW、500mW、750mW1.7mm±0.2mmTEM00 - M2 < 1.1<0.45 mrad<1.0% rms>100:1
torus 660 50mW、100mW、150mW、200mW1.7mm±0.2mmTEM00 - M2 < 1.1<0.55 mrad<1.0% rms>100:1

アプリケーションから探す

加工

理化学

検査

評価(分析)

計測

レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

03-3351-0717
laser@rayture-sys.co.jp