最大340mJ 超小型 パルスYAGレーザー

1064nm532nm355nm266nm213nm
Nano シリーズレーザーシステムは、発振パルスエネルギーは130mJから最大340mJ@1064nm、繰返し周波数は最大100Hz、発振波長は1064nm、532nm、355nm、266nm、213nmを発振するモデルをラインナップしている、コンパクトなフラッシュランプ励起Nd:YAGレーザーシステムです。
  • 非常に小型でかつ頑丈なレーザーヘッド
  • 最大パルスエネルギー340mJまでラインナップ
  • 2倍波(532nm)、3倍波(355nm)、4倍波(266nm)、5倍波(213nm)発振可能
  • モジュール型倍波ユニットで簡単取付け/取外し
  • 長いランプ寿命
  • 電動アッテネーターオプション
  • 完全循環式水冷
DESCRIPTION

製品概要

Nanoシリーズ概要

Nano シリーズレーザーシステムは、英国Litron Lasers社製フラッシュランプ励起Nd:YAGレーザーシステムの中で最もコンパクトなシリーズです。

発振波長は1064nm、532nm、355nm、266nm、213nmまでラインナップしており、波長変換ユニット(SHG、THG、FHG等)は取付/取外しが可能なモジュール設計になっているため容易に発振波長を切り替えることが可能です。

レーザーヘッドは片手で持てる小型サイズながら堅牢なモノリシック共振器設計でデザインされ、安定したミラーマウント、密接に結合されたセラミックリフレクターを備えたステンレススチールポンピングチャンバー、 独自の長寿命フラッシュランプにより均質で安定した出力が得られます。産業用途でも使用が出来るようIGBT電源を用いており、フラッシュランプの寿命を1億ショット程度のランプ寿命まで延ばす効率のよい設計となっています。

業界標準のTTLインターフェースにより、フラッシュランプとQスイッチの両方を外部制御可能です。全てのNanoシリーズレーザーはレーザー電源内に冷却ユニットを内蔵(完全循環式水冷設計)しており、2次冷却器などは必要ありません。フルインターロック機能を有しているため、セットアップ時やレーザー運用の時の不具合診断を容易に行えます。その他システムコントロールでは、付属のシステムリモートコントローラーまたはRS232からアクセスでるため装置に組み込んだ場合でも容易に操作を行うことが可能です。

以下のように、パルスエネルギー、繰り返し周波数や共振器タイプの違いによって、5つのシリーズに分けられています。

シリーズ名 パルスエネルギー@1064nm 繰返し周波数 特徴
Nano S シリーズ 最大130mJ 最大50Hz 安定型共振器タイプ
コンパクトモデル
Nano SG シリーズ 最大150mJ 最大30Hz ガウシアン共振器タイプ
高ビーム品質 M2<2
Nano L シリーズ 最大340mJ 最大30Hz 安定型共振器タイプ
Nano LG シリーズ 最大300mJ 最大50Hz ガウシアン共振器タイプ
高ビーム品質 M2<2
Nano T シリーズ 最大290mJ 最大50Hz テレスコピック
安定型共振器タイプ
ビーム拡がり角 <0.8mrad

 

共振器タイプ毎の特徴、TEM00オプションについて

安定型共振器:NanoSシリーズ、NanoLシリーズ

安定型共振器はフラッシュランプ励起Nd:YAGレーザーシステムの中で最も多く使用されている共振器デザインです。M2値はマルチモードですが、発振エネルギー効率が優れており様々な繰返し周波数設定下でも安定したパルス性能(パルスエネルギー、ビーム品質等)を維持してお使い頂けます。レーザービームはフラットトップに近い形状をしています。

 

ガウシアン共振器:NanoSGシリーズ、NanoLGシリーズ

ガウシアン共振器はGraded Reflectivity mirror(GRM)を共振器内に使用している共振器デザインです。Graded Reflectivity mirrorの中心部の共振光を発振する設計のため優れたビーム品質(M2値<2)と低ビーム拡がり角を実現しており、特にレーザービームをより集光する用途に適しています。ただし、フラッシュランプを一定の繰返し周波数で駆動させる必要があるため、レーザーパルスの発振周波数の柔軟性が安定型共振器より劣ります。この為、ガウシアン共振器は不安定型共振器とも呼ばれています。

テレスコピック安定型共振器:NanoTシリーズ

テレスコピック安定型共振器は安定型共振器内にテレスコープを内蔵することで、低いビーム拡がり角を実現する共振器デザインです。ビーム品質はM2値:3~4程度でガウシアン共振器よりM2値は劣りますが、発振エネルギー効率が優秀な為テレスコープの調整をする程度で様々な繰返し周波数下でも安定したビーム性能でお使い頂けます。

 

安定型TEM00共振器:NanoSシリーズ、NanoLシリーズをベース

安定型TEM00共振器は、安定型共振器内にアパチャー(TEM00オプション)を内蔵することでM2<~1.2を実現する共振器デザインです。高いビーム品質、M2値を得られる反面、発振パルスエネルギーが低くなります。(NanoS130-10モデルの場合、安定型共振器モデルでは130mJ@1064nmですが、TEM00オプション使用時は10mJ@1064nmになります。)
安定型共振器ベースの為、様々な繰返し周波数設定下でも比較的安定したパルス性能(パルスエネルギー、ビーム品質等)を維持してお使い頂けます。

 

テレスコピック安定型TEM00共振器:NanoTシリーズをベース

テレスコピック安定型TEM00共振器は、安定型TEM00共振器内にテレスコープを内蔵することでM2値<~1.2を実現する共振器デザインです。必要な発振パルスエネルギーとM2値のバランスをご相談しながら、アパチャー径を選択することが可能です。安定型共振器ベースの為、様々な繰返し周波数設定下でも比較的安定したパルス性能(パルスエネルギー、ビーム品質等)を維持してお使い頂けます。

 

 

性能比較表

Nanoシリーズ A社 B社
共振器タイプ 安定型共振器
ガウシアン共振器
テレスコピック共振器
安定型共振器
ガウシアン共振器
安定型共振器
波長ラインナップ 1064nm/532nm/355nm/266nm/213nm 1064nm/532nm/355nm/266nm 1064nm/532nm/355nm/266nm/213nm
パルスエネルギー@1064nm 最大340mJ 最大400mJ 最大400mJ
パルス安定性@1064nm +/-2%(0.6%rms) +/-2%(0.6%rms) 0.7%rms
繰返し周波数 最大100Hz 最大30Hz 最大20Hz
ランプ寿命 5000万ショット 5000万ショット 2000万ショット

より高いパルスエネルギー/繰返し周波数発振モデルをお探しの場合はTRLiシリーズ(最大850mJ)LPYシリーズ(最大3.5J)LPY10Jシリーズ(最大10J)をご覧ください。

 

 

 非常に頑丈、堅牢なNanoシリーズの耐衝撃性能の動画をご覧ください。

 

 

 

 

CATALOG

カタログ・ホワイトペーパー

製品のお問い合わせ、お見積りはお気軽に


    ※建物名も省略せずにご記入ください


    ※ご希望のスペックや用途をご提示いただければ、適合製品・ソリューションをご提案します

    PIVにおすすめの製品

    最大繰返し200Hz フラッシュランプ励起 PIV(デュアルヘッド)レーザー

    LPY PIVシリーズ

    532nm355nm266nm
    最大425mJ繰返し最大200Hzデュアルヘッドレーザー

    LIBSにおすすめの製品

    LIDAR(大気・エアロゾル計測)におすすめの製品

    分光におすすめの製品

    レーザーアブレーションにおすすめの製品

    LIFにおすすめの製品

    レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

    03-3351-0717
    [email protected]