CEP安定化フェムト秒レーザー venteon CEP5

モデルパルス幅<5.5fs、出力220mWのCEP安定化モデル。
  • CEP安定化フェムト秒レーザー
DESCRIPTION

製品概要

モデルventeon CEP5はキャリアエンベロープ位相(CEP:. Carrier Envelope Phase)安定化レーザーシステムです。また、venteonCEP5にはfCEOビートを発生する為の f-to-2f干渉計、励起光源として超低ノイズfinesse pure CEP、AOMを必要とせずCEP安定化をおこなうCEPLoQTM技術を搭載しています

venteonシリーズについて

venteonレーザーシリーズは市場にあるフェムト秒レーザーの中で最も短いパルス(<5fs)を発振することが可能なventeon ultraを含む、数サイクル(few-cycle)フェムト秒パルスレーザーシリーズです。
Venteonシリーズは4つのモデルがあります。
・venteon power:中出力モデル(パルス幅<8fs、出力560mW)
・venteon ultra:市場最短パルス幅モデル(パルス幅<5fs、出力240mW)
・venteon dual:デュアルヘッドモデル
・venteon CEP5:CEP安定化モデル(パルス幅<5.5fs、出力220mW)

オクターブに近いスペクトル出力により、venteon ultraはスペクトルを別途広げる必要がなく、直接CEP(Carrier-envelope phase/キャリアエンベロープ位相 )制御を安定化させることが出来ます。
venteonの共振器には全てイオンビームスパッタ法を用いて製造された分散補償ミラー(DCM)を使用しています。そのため、卓越した位相制御を可能にし、理論値に近いレーザーパルスを得ることが出来ています。
venteonレーザーシステムはインターネット回線を介してエンジニアサーバーにアクセスし、リモートでの診断/調整メンテナンスを行うことが出来ます。その為、システムを導入後にメンテナンスが必要な場合でも装置や研究室に設置した状態で対応を行うことが可能です。
またventeon ultraレーザーには、パルストレインモニターオプション、繰返し周波数制御オプション、パルスタイミングのアクティブロックオプションなど様々な用途に対応するオプションがあります。

SPEC

スペック

モデル名 venteon CEP5
発振波長 830nm ±30nm
平均出力 >220mW
パルス幅 <6fs(Measured)
<5.5fs(FTL)
スペクトル幅 >300 nm
繰返し周波数 80 MHz
パルスエネルギー >2.75nJ
ビーム径 1.2 mm ± 0.3 mm
ビーム拡がり角 <3 mrad
モード <1.2
出力安定性 <1 %
光ノイズ <0.05 %
偏光比 >100:1
偏光方向 Horizontal(水平)
動作温度 21 °C ± 3 °C
CATALOG

カタログ・ホワイトペーパー

LINEUP

製品ラインナップ

モデル名 平均出力パルス幅繰返し周波数
venteon power >560mW<8fs(Measured)
<7.5fs(FTL)
80MHz
venteon ultra 240mW<5.5fs(Measured)
<5ft(FTL)
80MHz
venteon dual >200mW<6fs(Measured)
<5.5fs(FTL)
80 MHz
venteon CEP5 >220mW<6fs(Measured)
<5.5fs(FTL)
80 MHz

製品のお問い合わせ、お見積りはお気軽に


    ※建物名も省略せずにご記入ください


    ※ご希望のスペックや用途をご提示いただければ、適合製品・ソリューションをご提案します

    レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

    03-3351-0717
    [email protected]