製品サポート

Photonics Industries 社製レーザーのメンテナンス情報

1. 冷却水交換方法
レーザーヘッド排水方法
チラー排水方法
給水方法

2. フィルター交換方法

3. 長期保管方法

項目をクリックすると該当情報をご確認頂けます

 


1. 冷却水交換

冷  却  水:蒸留水または精製水
交換周期:6か月(推奨)

レーザーシステムのメインスイッチをOFFにし電源ケーブルは電源ユニットから抜いてください。


・レーザーヘッド排水方法

①ケーブル類はレーザーヘッド本体から外してください。

②継手からホースを外して大気開放させて水を排出させてください。この時流量センサが付いたホースも外してください。

③片側の継手から手動ポンプなどで空気を送り込んで、ヘッド内の配管に残っている水を排出してください。


・チラー排水方法

① 元電源、チラー電源をOFFしてください。

②給水口のキャップを外してください。

③ドレン口のバルブを開き排水してください。トレーで受けるかホースを接続して排水してください。

④フィルターケースを外します。外した際に冷却水が溢れ出る場合がありますのでご注意ください。
フィルターケースが緩み難い場合は専用ハンドルをご使用ください。

⑤フィルターケースを外し、フィルターケース内の水を排出してください。

フィルターを交換する場合は、フィルター交換方法をご参照ください。


・給水方法

①フィルターカートリッジがセットされていること、フィルターがしっかり締まっていることを確認してください。

②レーザーヘッドに流量センサ及びホースが接続されていることを確認してください。

③チラーの給水口より冷却水を入れます。満タンになるまで入れてください。

④チラーの電源を投入し、チラーを起動させます。この時配管各所で水漏れがないことを確認してください。
冷却水が足らない場合は、さらに給水してください。

⑤レーザーヘッドにケーブル類を接続します。チラーの水温が設定温度に到達したら、レーザーを起動させます。

⑥GUIを立ち上げ、冷却水の流量が設定範囲内であることを確認してください。範囲外あるいは流量を調整する場合、チラー背面にあるバイパス配管のバルブを操作し流量を調整してください。

⑦30分程度運転し、漏れがないことを再度確認してください。


2. フィルター交換方法

交換周期:12か月(推奨)

①レーザー電源及びチラーの電源スイッチをOFFしケーブルを抜いてください。

②冷却水を空の状態にしてください。(”冷却水交換方法”を参照)

③フィルターケースを外します。外した際に水が溢れ出る場合がありますのでご注意ください。
ケースが緩み難い場合は、下の写真にあるような専用のハンドルをご使用ください。

④フィルターケースを外します。外した際に冷却水が溢れ出る場合がありますのでご注意ください。
フィルターケースが緩み難い場合は専用ハンドルをご使用ください。

   

⑤フィルターケースにある古いフィルターと新しいフィルターを交換します。

⑥フィルターケースを締めます。漏れの原因となりますので斜めにならないようにご注意ください。
また、ケースを締める際は破損の恐れがありますのでハンドルは使用せず“手締め”でお願いします。


3. 長期保管方法

3ヵ月以上レーザーを使用しない場合は、レーザーヘッド及びチラーともに水を抜いた状態で保管してください。
出射ウィンドウにはカバーをし、結晶保護のためレーザーヘッドは通電状態で保管ください。また、温湿度が管理された環境下での保管を推奨致します。

 


その他のメーカー別メンテナンス情報

サービス情報

レーザー製品に関するご相談、お見積はこちら

03-3351-0717
[email protected]