レイチャーシステム ズ株式会社

  • 主な取り扱いメーカー
  • ピックアップ
  • お問い合わせ
  • 主な取り扱いメーカー
  • ピックアップ
  • お問い合わせ

加工用ピコ秒レーザーRGHシリーズ 超高出力グリーンDPSSレーザー DMシリーズ 超短パルス フェムト秒レーザーtaccor オールインワン・簡単操作・周波数1GHz

> > >

> > >

opus 660

660nm、最大1.5W、CWレーザー

Laser Quanum社「opus 660」レーザーシステムは同社が特許を取得している共振器デザインをベースに設計されており、660nm波長を発振するコンパクトDPSSレーザーの市場で最も高い1.5Wというレーザー出力を実現していることが最大の特徴です。また、opus 660レーザーシステムは最大1.5Wという高出力に加えて、優れた安定性、ビーム品質を兼ね備えているため、特に超解像顕微鏡用途に最適なレーザーシステムです。

opusレーザーシステムは英国Laser Quanum社製品の中でも最も人気のあるモデルの一つです。Opusレーザーシリーズは532nm、660nm、1064nmの3つの波長モデルのラインナップがあります。

Laser Quantum社はレーザーヘッドに最大1200Gのドロップテストを行っており、opus660レーザーシステムは耐衝撃性・堅牢なレーザーシステムでもあります。
opusシリーズの高性能電源は、RS-232ポートを介してPCを用いて制御することが可能で、LabVIEW、DOS、DOSエミューターなどのソフトウエアに対応していますのでお客様の環境に沿った制御を行うことが可能です。

また、opus 660レーザーシステムはインターネット回線を介してエンジニアサーバーにアクセスし、リモートでの診断/調整メンテナンスを行うことが出来ます。その為、メンテナンスが必要な場合でも装置や研究室に設置した状態で対応を行うことが可能です。

Ventus532レーザーシステム
Opus532レーザーヘッド
opusレーザーヘッド寸法
opusレーザー電源寸法
Ventus532レーザーシステム
Opus532レーザーヘッド
opusレーザーヘッド寸法
opusレーザー電源寸法
主な特徴
  • 660nm
  • 最大出力1.5W
  • 波長バリエーション:532nm、660nm、1064nm
  • 装置組込みに最適な小型設計
  • 任意のレーザー出力値に調整が可能なスマート電源標準装備
  • インターネットを介してリモート診断/調整
主なアプリケーション
  • PIV(Particle Image Velocimetry/粒子画像流速測定法)
  • DNAシーケンサ
  • レーザー眼科学(Ophthalmology)
  • STED 顕微鏡
  • カタログはこちらから
関連資料
SPEC
モデル名 opus660
波長 660nm
出力 2W、3W、4W、5W、6W
ビーム径 0.85mm ± 0.2mm
モード TEM00 - M2<1.2
線幅 30GHz
ビーム拡がり角 <1.5 mrad
出力安定性 <1%rms(温度一定、100時間以上測定)
光ノイズ <0.6%rms
偏光方向 horizontal(水平)※vertical(垂直)にも対応可能
偏光比 >100:1
ビーム位置安定性 <2μrad/℃
コヒーレンス長(コヒーレント長) 〜1cm
動作温度 15〜40℃
ラインアップへ

お気軽にお問い合わせください

は必須項目です  
お名前
メールアドレス (半角英数字)
URL (半角英数字)
TEL (半角数字)
FAX (半角数字)
御社/団体名
ご所属
都道府県
ご住所の続き
(建物名も省略せずにご記入ください)
お問い合わせ内容
 
Popover

アンケート

カタログのダウンロードの前に下記のアンケートにお答えください。

お名前

ご所属(企業・組織名)

電話番号

Email