レイチャーシステム ズ株式会社

  • 主な取り扱いメーカー
  • ピックアップ
  • お問い合わせ
  • 主な取り扱いメーカー
  • ピックアップ
  • お問い合わせ

加工用ピコ秒レーザーRGHシリーズ 超高出力グリーンDPSSレーザー DMシリーズ 超短パルス フェムト秒レーザーtaccor オールインワン・簡単操作・周波数1GHz

> > ブリルアン散乱


ブリルアン散乱

ブリルアン散乱(ブリリュアン散乱、ブリュアン散乱)とは、光の振動数が物質中でわずかにずれることによって、光が散乱される現象です。レーザーのような単色性の高い光を、透明な物質中に入射すると、物質中の音波(音響フォノン)の振動数によって、入射光の振動数が周波数変調を受け、光の振動数のずれが起こります。 入射光の強度が小さい状態では、散乱光は微弱ですし、方向も様々です。しかし、入射光の強度が増加してある値を越えると、散乱光の強度が急激に増加して入射光のそれと同程度になる上に、その向きは入射とは反対方向になります。このため、入射光はほとんど反射されて物質中に入らなくなるのです。この現象を「誘導ブリルアン散乱」と呼びます。


音波と共に使用すると、ブリルアン散乱によって、小さな粒子、薄膜、またはバルク材料の表面特性である伸縮性ある動きなどを測定できます。ブリルアン散乱は、アニーリング、残留応力、粘度などの重要な特性を測定することができます。


使用されるレーザーは、干渉効果の結果がレーザー効果ではなくかすかなブリルアン散乱の結果であることを確実にするために、狭い線幅、長いコヒーレンス長を有し、継続して安定した波長を示さなければなりません。


Laser Quantum社のTorusレーザーシステムは、モードホップを排除し、波長ドリフトを<2pmに低減するためのアクティブ波長ロッキングメカニズムを備えた市場で唯一の単一縦モード(SLM)レーザーシステムです。これら機能・性能によりTorusレーザーシステムはブリルアン散乱用途に用途に最適なレーザーシステムとしてお使い頂けます。


お気軽にお問い合わせください

は必須項目です  
お名前
メールアドレス (半角英数字)
URL (半角英数字)
TEL (半角数字)
FAX (半角数字)
御社/団体名
ご所属
都道府県
ご住所の続き
(建物名も省略せずにご記入ください)
お問い合わせ内容
 
Popover

アンケート

カタログのダウンロードの前に下記のアンケートにお答えください。

お名前

ご所属(企業・組織名)

電話番号

Email